東京・銀座の会社設立、税務申告、税務相談なら森下敦史税理士事務所へ

資料請求・ご相談

コラム2 一覧

美容業の開業はどの専門分野を扱うかが鍵

依然人気の美容業界で開業してみる

依然人気の美容業界で開業してみる

美容というのはどの世代の男性・女性ともかかわるものです。
美容院だと男女ともに利用しますし、最近はメンズエステも話題になっています。
そして女性は様々な美容サービスを積極的に利用していて、エステやネイルサロンなどあらゆるお店に通っている人もいるでしょう。

そんな現状もあり美容業界で独立開業をしようとする人がたくさんいます。
美容院やエステなど、どの専門分野を選ぶかは当然大事ですが、どれも共通していえるのはスキルがあってこそということです。
自らがオーナーで誰かを雇う場合は別ですが、やはり精通していた方がビジネスも軌道に乗りやすいでしょう。

さらに資金もある程度必要です。
美容院や理容院などだと用意すべきものも多く、ある程度の資金力が必要です。

ただしネイルサロンやまつ毛エクステのお店は、そこまでの資金は必要ありません。
ただ店舗を借りる必要はありますし、多少改装もするでしょうから必要に応じて調達しましょう。
ただこういったことは慣れている人でも大変です。

ですから何度も美容業界の開業支援をしてきたプロフェッショナルに頼ってください。

株式会社設立をした場合の決算に関する手続き

株式会社設立をした場合の決算に関する手続き

どの専門分野で開業をするのかが最も重要です。
やはり新店舗の軒数でいうとやはり美容院が一番人気です。
ただ伸び率でいうと、ネイルサロンやまつ毛エクステ店なども負けてはいません。
ただ単に興味があるというだけで選んでしまうとライバルが多い、初期にかかるお金が莫大、などの理由で潰れかねません。

自分の経験に応じた専門分野を選びましょう。
美容業界にいるとわかりますが甘いものではなく、仮に独立を志したとしても、資金調達や事業計画、宣伝、スタッフ集めなどの、オープン前に行うことだけでもいっぱいいっぱいの状況になります。

さらにオープン後は売上と睨めっこの日々となり、人事、リピーター獲得のための努力など、とても大変です。
とてもストレスが溜まりますが、開業支援サービスがあると気軽に相談できます。

そして、オープン前にやるべきことの中に届け出を提出するというものがあります。
税務署などに出すのは当然ですが、それ以外にも美容院の場合は保健所にも開設届を出します。
平面図や美容師免許証などが必要になり意外とこれが大変です。
平面図の書き方などは通常わからないかもしれませんが、開業支援を受けていると、事前に教えてもらえます。

ちなみにこれは美容院の場合の一例で、他の専門分野だとまた変わってきます。
美容業界の開業支援というのはとても心強い存在ですね。