東京・銀座の会社設立、税務申告、税務相談なら森下敦史税理士事務所へ

資料請求・ご相談

コラム2 一覧

歯科医院開業は果たして難しいのか

歯科医院を開業すると安泰というわけではない

歯科医院を開業すると安泰というわけではない

歯科医師が自ら独立することがあります。
やはり特殊な資格を持っているということもあり、儲かりそう、潰れることは無さそう!といった思われ方をするケースがあります。

ですが現実は違って、歯科医院を開業しても潰れずに経営し続けられるケースは意外と少ないようです。
コンビニの数よりも多いと言われている歯科医院ですから、並大抵の努力では長い間経営し続けることは厳しいでしょう。

歯科医は歯のプロですが、経営のプロではありません。
ですから開業支援サービスを受けることも大事です。

というよりも開業支援に頼らなければ、一体何を行ってよいのか分からないかもしれません。
歯科医院に的を絞った開業支援ビジネスやサイト制作ビジネスなどがあり、歯科医院の競争の激しさを物語っています。
競合している歯科医院に対抗するためには、ありとあらゆる方法をとることになります。

ちなみに歯科医院を開設する際には、3000万円以上いるとされています。
もちろんケースバイケースですが、かなり高額です。
資金調達が必要になるケースもあり、開業支援サービスを受けることで相談にも乗ってもらえるでしょう。

サイトと開業支援が経営を左右する

まずこの時代ですので、サイトを見てやってくる患者さんが大半です。
田舎だと口コミで、というケースもありますが、都会だとインターネットで検索をして、近所の歯科医院を探して訪れる。といった流れになるでしょう。

サイトはただ作れば良い!というわけではなくて、患者さんが安心して訪れることができるようなサイトにしましょう。
歯科医の写真付きで自己紹介をし、もちろん費用についても明記しましょう。
保険適用外の治療もある場合はそれについても掲載してください。

そして駐車場の有無も重要です。
廃れる歯科医院の特徴としては、歯科医を含めたスタッフの態度が良くないということが挙げられます。

技術力は当然必要なのですが、態度もとても大事です。
技術的に問題がなくても態度に問題がある場合は、2度と行かないという人もいます。

このような開業後のことも、さらには開業前の様々な手続きや準備についても、開業支援サービスを受けると学ぶことができます。
歯科医院経営のためのノウハウはとても重要だと思われます。

サイトと開業支援が経営を左右する