東京・銀座の会社設立、税務申告、税務相談なら森下敦史税理士事務所へ

資料請求・ご相談

コラム3 一覧

備えて安心の税務調査

「税務調査」という言葉に不安を覚えている方は少なくないでしょう。ここでは少しでも不安が解消できるよう、「税務調査」についてご紹介します。税務調査は、備えておけば何も怖いことはありません。

先行イメージによる不安

備えて安心の税務調査

まず、なぜ税務調査を不安と思う方が多いのか…。
それは「ある日突然、調査員が会社にやって来て、会社経営の粗探しをする」というイメージがあるからではないでしょうか。

最初に言っておくと、そのようなことはありません。
イメージが先行してしまい、物事の本質を知らずに怖がるということはまったくもって無駄なことです。
人は「知らない・わからない」ものに対して不安や恐怖を抱きます。きちんと知ることが大切です。

何のための税務調査?

税務調査は、「企業が正しく納税を行っているか」を調査します。ごまかして少なく申告している企業を見つけるための調査でもありますが、調査する全部の企業を疑ってかかるわけではありません。税に関する計算は細かく複雑なものもあるため、故意的でなくても間違えてしまう場合があります。そうした間違いがないか調査するためのものです。もし間違いがあっても、是正を行い正しく納税すれば問題ありません。

税務調査の流れとは?

税務調査は、相当な理由がない限り強制的に行われることはありません。行政機関から連絡があり、日程を調整して「質問検査権」を持つ国税調査員が派遣されます。納税者である企業側の任意のもとの調査ですが、企業側は受忍義務があるため拒否はできません。

任意調査には「机上調査」と「実地調査」があります。「机上調査」では、税務署内で確定申告や決算書など申告された書類を調査します。「実地調査」では企業へ行き書類調査や質疑応答での調査が行われます。

税務調査に備えてすることとは?

税務調査に備え企業側がやっておくべきことは、税務調査の日程が決まったらしっかり書類を用意しておくことです。書類を揃えた際、申告漏れや計算間違いがないかを確認することもおすすめします。間違いを見つけた場合は、税務調査より前に申告します。

顧問税理士がいる場合は、税務調査の連絡が来た時点ですぐに伝えます。また税務調査に不安があり、税理士に相談したいという方もすぐに連絡をとりましょう。税務調査は税理士の立ち会いも可能です。

税務調査についての相談や立ち会いを税理士に依頼したい方は、東京都中央区銀座にあります弊所にお任せください。税務調査の際の必要書類を揃えたり、調査員からの質問に答えたり、税理士の知識と経験を活かした対応をいたします。

経理に関する不安があれば経理代行を利用し、丸投げすることも可能です。まずは無料相談をご利用ください。