東京・銀座の会社設立、税務申告、税務相談なら森下敦史税理士事務所へ

資料請求・ご相談

コラム3 一覧

事業計画書作成時に心がける3つのポイント

会社設立の際に必要となる事業計画書は、これから会社を経営していくためにとても重要なものです。会社がどのような目的を持って、どのような戦略で目標を達成しようとしているのか、いわば、会社経営の道しるべとして利用できます。

また、融資や助成金を受ける際、外部に対し、発展していく企業であることを証明する重要な書類でもあります。この会社設立時に重要な事業計画書を作る際、心がけたい3つのポイントがありますので、ご紹介いたします。

「わかりやすい」事業計画書

「わかりやすい」事業計画書

自分の頭の中では完璧な計画ができあがっていたとしても、それが伝わらないような事業計画書ではいけません。

誰をターゲットにしていて、どのようなサービス・商品を提供するのか、どのくらいの利益を想定しているのかなど、自分以外の人が見てもわかるように作成する必要があります。文字だけ羅列するのではなく、グラフや図表、写真などを使い、わかりやすくしましょう。

「実現可能な」事業計画書

会社設立の際に、「夢」を持つことは大切です。しかしそれは、実現できるものでなくてはいけません。事業計画書には、夢物語ではなく実現可能であることを書く必要があります。

ただし「大きすぎる夢・目標」であってもその実現に向けた計画がしっかり立てられていれば、それは「実現可能な夢・目標」といえるでしょう。

「具体的な」事業計画書

「具体的な」事業計画書

融資を行う側を説得するには、具体的に説明することが必要です。経営を持続させていける「根拠」を示します。将来ビジョンに対し、どのようなマーケティング戦略を打つのか、その際どのような問題が起こり得るのか、問題に対する対策方法・予防方法、競合する企業の中でどのような差別化を図り生き残るのか、といった具体的内容が必要です。

具体的に示すには、市場調査を行い様々なデータを入手します。より具体的な事業計画書にすることにより、融資を行う側を説得することに役立ち、また経営していく上で問題に直面した際に役立つ事業計画書となります。

会社設立時はやることが多くあります。しかし事業計画書は非常に重要なものです。手を抜かずしっかりと作成する必要があります。事業計画書の作成に不安をお持ちの方は、税理士のサポートを利用してみてはいかがでしょうか。

東京の中央区で会社設立のための税理士をお探しでしたら、中央区銀座にあります弊所をぜひご利用ください。弊所は会社設立時のサポートを得意とし、企業の発展に貢献できるよう「本気のサポート」をいたします。

事業計画書作成のサポートから、記帳代行・経理代行、税金に関する各種手続きなどを承ります。様々な料金プランをご用意しておりますので、用途に合わせてご利用ください。