東京・銀座の会社設立、税務申告、税務相談なら森下敦史税理士事務所へ

資料請求・ご相談

コラム3 一覧

会社設立前に知っておきたい個人事業主との違い

脱サラして独立しようと考える方は少なくありませんが、独立の際は「個人事業開業」と「法人設立(会社設立)」の選択肢があります。
どちらにもメリット・デメリットがあるため、一概にどちらが良いとはいえませんが、両方の特徴を十分に考慮した上で独立の道を決定してください。
以下にて、法人と個人事業主の違いについて簡単にご紹介いたします。

税制面の違い

税制面の違い

個人事業主は簡易帳簿のみで青色申告ができる一方で、法人と比べて必要経費が認められる範囲が狭く、所得控除の範囲も狭くなっています。また、個人事業主は所得が増えれば増えるほど税率が高くなる「超過累進税率方式」になっており、法人は所得に関わらず一定となる「比例税率方式」になっています。

よく「個人事業主で開業し、売上が大きくなったら法人成りを考えた方が良い」といわれていますが、これはこのような税制の違いがあるためです。

資金調達の違い

法人と個人事業主では資金調達に大きな差が出ると考えられています。これは、個人事業よりも法人の方が信用度の面で有利と考えられているためです。その理由のひとつとして「登記制度の存在」が挙げられます。株式会社は設立時に必ず「法人登記」を行わなければならず、登記簿には会社の様々な情報が記載されることとなります。

この情報は誰でも閲覧可能であり、取引前の信用調査などに役立てられています。このように、常に情報を確認できる株式会社の方が、信用度が高いと考えられているのです。

手続きの違い

個人事業を開業するための手続きは非常に簡単であるため、すぐにスタートを切ることができます。

一方で、法人設立の場合は何かと時間を要し、また、手続きが煩雑な傾向があります。具体的には、定款の作成・認証、資本金の調達、法人登記開業の届出が必要となり、様々な手数料が必要となるほか、企業活動後には決算などの報告義務が生じます。

こうした手続き的負担は、税理士の会社設立サポートを受けることにより軽減できるため、会社設立時はぜひご検討ください。

東京都中央区にある弊所では、会社設立サポートや記帳代行サービスを行っております。
また、経営コンサルティングの経験も豊富なため、融資や経営計画の策定に関するサポートも行います。

法人設立を急ぎたい、個人事業から法人成りを考えている、税務や経営に関する不安を抱えているという方は、お気軽にご相談ください。