東京・銀座の会社設立、税務申告、税務相談なら森下敦史税理士事務所へ

資料請求・ご相談

コラム3 一覧

税理士のセカンドオピニオンを考えてみませんか?

税理士は、税務・会計の専門家として経営者様を支えるパートナーです。しかし、顧問税理士となかなか馬が合わず、頭を抱える経営者様は少なくありません。

もし、顧問税理士の意見に違和感を覚えることが多いのであれば、一度税理士のセカンドオピニオンを考えてはいかがでしょう。

セカンドオピニオンとは何か?

セカンドオピニオンとは何か?

セカンドオピニオンとは「第二の意見」を意味し、元々は医療分野で生まれた概念です。医療分野におけるセカンドオピニオンは「自分が受診している担当医以外の医師から意見を聞くこと」という意味をもっています。

担当医と第二の医師の意見を聞くことで、自分の今後の治療方針について決めることができ、近年では、この概念が税務の面で応用されています。

新たな視点からの考察に

新たな視点からの考察に

顧問税理士の意見に「専門家の意見なら仕方ない」と納得できないままに従うことがあるかもしれません。しかし、いくら専門家の意見でも、納得できない場合は十分に話し合うことが大切です。

それでも見解が一致しない場合、経営者様は「自分の意見を通す」か「顧問税理士の意見に従うか」の二択がありますが、ここで第二の税理士からアドバイスを受けることで、新たな視点から考察することができます。

人である以上、見解の相違はどうしても生まれるものですが、第二の税理士の意見を聞くことで、新たな道が開けるかもしれません。

特定分野に精通する税理士を見つける

税理士は「税の専門家」という点では共通していますが、どの税理士にも得手・不得手があります。

そのため、法人の節税に長けている税理士がいれば、資金調達などキャッシュフロー経営に長けている税理士もいます。会社経営に関する問題をお抱えなら、経営コンサルティングに特化した税理士へご相談いただくことで、より良い答えが返ってくるかもしれません。

東京都中央区にある弊所は、法人設立や経営コンサルティングを専門とする税理士事務所です。経理代行や決算・確定申告のサポートを行うほか、第二の税理士として経営者様に適切なアドバイスを行います。
経営について気軽に相談できる専門家をお求めなら、ぜひご相談ください。