東京・銀座の会社設立、税務申告、税務相談なら森下敦史税理士事務所へ

資料請求・ご相談

コラム3 一覧

起業直後でも利用しやすい低金利融資制度

資金調達手段は銀行融資だけだと考えていませんか?中小企業は大企業並みの金利で借り入れる場合が多く、金利負担が経営を圧迫してしまうケースは少なくありません。

より低い金利で資金を調達する方法として、起業直後に活用しやすい融資制度を把握しておきましょう。

新創業融資制度

新創業融資制度

新規開業時に活用できる融資制度としておすすめしたいのが、日本政策金融公庫の新創業融資制度です。

この制度では無担保・無保証で最大3,000万円の融資を受けられる可能性があります。また、申込みから融資実行まで1ヶ月程度と、自治体の制度融資に比べて融資実行までのスピードが早いことも魅力です。

飲食店などの店舗型ビジネスでは、店舗物件取得や商品仕入れなどの起業準備に必要な資金調達を素早く行うことができます。ただし「創業資金の3分の1以上の自己資金を確認できること」という要件があり、その自己資金によって融資金額は異なります。

女性、若者/シニア起業家支援資金

女性、若者/シニア起業家支援資金

女性や若者、シニア起業家は信用力が低く評価される傾向にあり、資金調達において困難に直面する場合があります。そこで利用したいのが、日本政策金融公庫の融資制度である「女性、若者/シニア起業家支援資金」です。

全年齢の女性・30歳未満の若者・55歳以上の男性であって、新たに事業を始める方や開業後7年以内の方は、優遇金利で融資を受けることができます。融資限度額は最大7,200万円、そのうち運転資金は4,800万円以内となります。

返済期間は運転資金が5年以内(特に必要な場合は7年以内)、設備資金が15年以内(特に必要な場合は20年以内)となっており、余裕を持って返済することが可能です。

中小企業経営力強化資金

中小企業経営力強化資金は、新創業融資制度の半分以下の超低金利であることが最大のメリットです。
また、無担保・無保証での融資限度額が実質的に拡大し、新創業融資制度よりも多額の融資を受けられる可能性があります。

さらに自己資金要件もありませんので、資金不足で創業融資が借りられないと諦めていた方におすすめです。低金利、無担保・無保証、自己資金要件なしと3拍子揃った、起業家にとってはまさに理想的な融資制度といえます。

くるかもしれません。

東京で会社設立をお考えの方や起業支援コンサルタントをお探しの方は、弊所の税理士にご相談ください。
弊所では経営者の強い味方として、起業支援に特化したサービスをご提供しております。日本政策金融公庫と連携しており資金調達に強く、助成金の無料診断もご利用いただけます。

年間100件以上の起業支援実績を活かし、お客様のニーズに合わせて起業をサポートしますので、どうぞお気軽にご相談ください。